ミツフクフォーム詳細データ

1. 衝撃性

ミツフクフォームは独立気泡構造の発泡体です。
気泡壁のもつ半剛性と気泡のもつエアークッションにより極めて高い衝撃吸収性があります。

表1. 反発弾性率

試料厚さ反発弾性率(%)試験方法
4mm50JIS K-6401
2mm25JIS K-6401

2. 耐寒・耐熱性

耐寒耐熱性、耐水性に優れており、軽量であることから屋内外を問わず使用することが出来ます。

表2. 耐熱寸法変化率(各温度で30分加熱)

温度(℃)708090100110120
変化率(%)1.3-1.0-2.9-5.1-9.3-10.2

表3. 耐寒、耐熱性

耐寒性-10℃24時間異常なし
耐熱性70℃24時間異常なし

3. 耐候性

サンシャインウェザーメーターにより、促進試験(500時間照射)での外観変化は殆どありません。
また切り文字用看板材として10年の実績があります。

4. 断熱性

吸水、吸湿性が殆どない微細独立気泡構造の発泡体です。
そのため、熱伝導率が低く、優れた断熱性を有しています。

表4. 熱伝導率

品名見掛密度(kg/m3熱伝導率(W/mK)
ミツフクフォーム通常品1000.052
ポリエチレンフォーム330.031
ポリスチレンフォーム200.034
グラスウール200.035
コンクリート22001.5

5. 燃焼性

燃焼した際の黒煙の発生が少なく、発熱量が低く塩素ガスを発生することはありません。

表5. 発熱量

 発熱量(J/kg℃)
ミツフクフォーム2.89×107
木材(ナラ)1.96×107
1.85×107
ポリエチレン4.65×107
ポリプロピレン4.63×107
ポリスチレン4.26×107

表6. 燃焼ガス

検出ガス検出量(mg/g)
一酸化炭素100
二酸化炭素1100
塩化水素検出せず
シアン化水素検出せず
アンモニア検出せず
硫黄酸化物検出せず
窒素酸化物検出せず

6. 耐薬品性

酸,アルカリに対して優れた耐薬品性を示し、アセトン、エタノール等の各種溶剤に対して殆ど変化しません。

表7. 耐薬品性(24℃ 7日間浸漬)

使用溶剤耐薬品性
エタノール
MEK
トルエン×
アセトン
酢酸エチル
30%塩酸
30%水酸化ナトリウム
ガソリン××
灯油××

○:変化無し、△:わずかに膨潤、×:膨潤少し有り、××:膨潤大

7. 基本物性

発泡倍率により、気泡構造、強度、圧縮性能等に特徴あるグレードを用意してあります。

表8. 基本物性 ※下記データは当社測定値です。

測定項目単位5倍10倍15倍試験方法
見掛密度kg/m322012070JIS K-6767
引張強度1.60.901.1JIS K-6767
伸び160140150JIS K-6767
引裂強度N/m46005100JIS K-6767
圧縮硬さ0.250.120.10JIS K-6767
圧縮永久歪み2.35.11.6JIS K-6767
加熱寸法変化-1.0-0.1-0.7JIS K-6767
吸水率<1<1<1JIS K-6767
硬度684545ASKER Ctype (20℃)

« エラスチックワン EL-1062 | 発泡体事業部トップ | 一般物性&仕様 »