商品に関するお問い合わせ
電話番号:0283-23-4154
営業時間:平日 8:00~17:00

その他のお問い合わせ
電話番号:0283-23-4151
営業時間:平日 8:00~17:00

メールでのお問い合わせ

取り扱い樹脂一覧

ここでは三福工業の取り扱う材料のなかでも多く使っているオレフィン系樹脂についてご紹介いたします。

概要

オレフィン系樹脂とは、プラスチック製品の原料として広く親しまれている樹脂材料のカテゴリーのひとつ。比重が小さく耐水・耐薬品性に優れた熱可塑性の樹脂のこと。
PP,PE(ポリプロピレン、ポリエチレン)がこれにあたる。溶融状態における流動性が優れているので一般的に射出成型によく使われます。
オレフィン系樹脂を使った身近な製品としては例えば、PPならお弁当箱・ペットボトルキャップ・書類ケース・梱包テープなど。 PEはバケツ、ビール瓶ケース、農業用シート、灯油缶、保護フィルム、ケーブル被覆材など、どちらも様々な使用先があります。
PPとPEはそれぞれ分子の構造により種類が細分化します。

PPはプロピレン分子のみで構成された剛性と耐熱性に優れているホモポリマー、プロピレンとエチレン分子を規則的に配置させて耐衝撃性を向上させたブロックコポリマー、 プロピレンとエチレン分子をランダムに配置させて透明性を持たせたランダムコポリマーがあります。

PEは分子の密度が高いHDPE、反対に密度が低いLDPE、ひも状の分子構造へ側鎖を導入させた密度が低いLLDPEというように分類されます。 ここに記載したのはよく見られる種類だけですが、他に特殊PEと位置付けられたものもあります。
一口にオレフィン系樹脂と分けても樹脂の種類と分子構造により対象が変わるのですから、どのような樹脂製品を作るのかによってどの材料を選ぶのかが重要な指標になっています。

余談ですが、世の中の安価なプラスチック製品全般のことを汎用プラスチック製品と呼びまして、樹脂原料としてはオレフィン系を筆頭にスチレン系(PS、AS、ABS)、塩ビ系(PVC)といった樹脂が含まれます。

汎用プラスチック製品の材料ということで、樹脂は汎用樹脂としばしば呼称されます。(ただ、汎用樹脂の分類は他にもいくつかあります。)

いずれも100℃程度が溶融温度で加工しやすく、市場の流通量が多く安価であることが特徴となっています。
三福工業はこれらの多様な樹脂材料をご希望の形へカスタマイズし、二次加工メーカー様へ提供しています。

取り扱い実績

主な取り扱い樹脂としては以下の通りです。 オレフィン系樹脂の取り扱いは多いですが、他の樹脂についても加工実績はあります。お気軽にご相談ください。

種類 使用先例
PP プラスチック容器、食品トレー、文具、自動車、家電 など
PE 袋、農業用フィルム、電線被覆材、パレット、チューブ など
PS/AS/ABS 食品容器、建築資材、家電製品、雑貨用品、自動車内装 など

※その他材料の取り扱いについてはお問い合わせください。

別工場にはなりますが、エンプラやフッ素樹脂も対応可能です。

PVCについては取り扱っておりません。